顔面アラブ夫の子育て日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔面アラブ夫の子育て日記

とにかく顔が濃い男。ここに現る。

息子旅行

【我が子は大事】家の中にある赤ちゃんの危険について考える。

 

こんばんわ!

 

指のささくれが両指あわせて8ヶ所できている

pabroです。

 

「ささくれ」っていう言い方が地方によって違うらしいですが

場所によっては「さかむけ」ともいうらしいですね。

そんなことはいいですが、とりあえずビタミンが足りてないってことです笑

色野菜食べまくります!!

嫌いなんですけどね。

 

今日の息子

昨日の夜から、ある物によじ登るのに、はまってしまって・・・

それが

ソファーです。

結構高さもあるので、よじ登るときに登りきれず

そのまま後ろ向きに落ちてしまったり、登った後、ソファーの上に

立ってそのまま降りようとするので非常に危険です。

なんせまだ1歳2ヵ月ですからね。よちよちですよ。

一応、ソファー周辺にはクッションマットが敷いてあるんですが

それでも頭から落ちるってことも考えられたので、やっぱり怖い!!

僕たちも、息子をずっと監視できるわけではないですしね。

 

家の中での危険な例

そこでまず、息子が今やりかねない、我が家での危険な例を挙げてみました。

 

ソファー、椅子、大きいおもちゃに登り、そこから落下。

キッチンに侵入し、火元周辺に近づく。触る。

窓を開けて外へ逃亡。おーい。

机等に乗っている重量物などを落とす。

嫁さんのアツアツのヘアーセットアイロンを触る。

落ちているものを口に入れる。パクッ。

 

ざっとこれくらいです。

まだ探せば見つかりそうですが、こんなとこでしょう。

 

いざ対策!

とりあえず今回は、「ソファーから落下すること」の対策を練ることに。

 

考え抜いて導き出した結論は・・・

 

ソファー撤去!

 

ほんとに考えたんかいって、つっこまれそうですが、

もう、これしか思い浮かばなかったです。バカですので笑

手っ取り早いですよね!

 

そして、別の部屋へと移動。

 

すると部屋がかなり広くなった!ソファーでだいぶ場所とってたな。

これでよじ登って落ちることもなくなったー!

一安心。

買った家具が消えていくことに、少々悲しんだ夫婦がいるけど

まあそれはしょうがない。息子の為ですから。

 

感じたこと

息子もできることが多くなってその分、危険なことも増えました。

一番は、届かなかったところに手が届いてしまうってことが多いですね!

親からしても、子供の成長って分かっているようで、あんまり分かってない。

 

僕の場合のいい例が、

息子の顔つきが凄い変わったねって知人から言われても

「えっどこが?」

って思うことがありました。

おそらくそれは、毎日見てるから違いに気付かない。

それか、僕が子供に対してあまり関心がない。

 

・・・いやいや冗談はよして笑

 

まあ違いに気付かなかっただけならいいですが

子供の成長に気付かずに、それが重大な事故に繋がることが一番怖いですよね。

 

終わりに

「危険なこと」に対して、事が起きる前に、子供の成長に合わせて

僕たちの方も、何か対策するなどして、順応していく必要があると思いましたね。

子供の成長を分かっているだけでは意味がない様に思います

あと、危険箇所を事前に親が認識しておく。

危険箇所を知っている、いないでは、全然対応が違うように思います。

起きてからだともう手遅れですからね。

 

これから、家の中にまだまだ危険はあると思いますので

早いとこ対策をしていきたいと思います!

 

END